性病の初期症状はすぐに発症するものから潜伏期間を経て発症するもの、また症状が現れにくいものなどあります。また男性と女性でも症状の現れ方が違いますので、気になる方は検査キットなどで簡単に調べることも可能です。

ばいどくなどの性病の種類と重病化による手術のリスク

風俗店などに通う方や不特定多数の相手と性交渉を行うことは性感染の危険性を高めます。性病の主な症状として男性の場合、性器に痒みや痛みなどの症状がでます。包茎のように先端部分が包皮に包まれている方の場合、不衛生な状態が続くことから性病の原因となる場合もあります。次に女性の場合ですが、おりものの量が増えたり、色がついたりと言った症状がでてきます。また不正出血する場合もありますので注意しましょう。性病の種類に関してはヘルペス、クラミジア、梅毒(ばいどく)、淋病(りんびょう)などがあります。最近では梅毒(ばいどく)に感染する方は減少傾向にある一方でヘルペスやクラミジアの感染率は年々上昇傾向にあり、特に若い世代の方で性病に感染する方が増えてきています。性病は早期治療が重要だとよく言われますが、これは感染を広げない為だけではなく早期治療を行うことで、性感染症は比較的治りやすいためです。性病の原因ウイルスは感染後、体内でウイルスを増幅していく為、治療を行わず放置しておくことで治療薬が効かなくなるほどの重病化やエイズなどの深刻な病気を引き起こす原因となります。特に治療薬が効かなくなってしまう場合には手術などの治療に頼らなければならず、手術代なども大変かかってきます。その為、性器の病気ということで性病と分かっていても中々病院へ行くことができない方や家族や医師に相談できないという方も大変多くいらっしゃいますが、重大な病気に発展する前に治療することがとても大切です。また、性病の治療薬は病院以外でも医薬品の通販サイトなどでも購入が可能です。病院にて治療を行うことが性感染症の治療において一番安全で近道ではありますが、どうしても病院へ行けないという方は医薬品の通販サイトなどを利用するのも良いでしょう。