性病の初期症状はすぐに発症するものから潜伏期間を経て発症するもの、また症状が現れにくいものなどあります。また男性と女性でも症状の現れ方が違いますので、気になる方は検査キットなどで簡単に調べることも可能です。

リンパの腫れは危険なサイン性病がもたらす症状かも

性病で一番症状が多いものがかゆみや痛みで、我慢できる程度だと病院にも行かずに放置してしまう人も多いですが、とても危険で、すぐに病院で病気の種類を確定し、治療に取り組むべきです。

リンパの腫れがある場合は特に気を付ける必要があり、梅毒や性器ヘルペスそしてAIDSの可能性があります。梅毒は症状を感じるようになるのは、感染してから3週間ほどから3か月程度経ってからのため、菌も広がりをみせていることが多く、治療期間も2から3か月ほどと長くなります。皮膚や粘膜に小さな傷があったりすると感染しやすく、リンパの腫れ以外にも性器部分にしこりができたり、手足に小さな斑点が出たりします。

性器ヘルペスは感染から発症まで、割りと短く3日から1週間程度で症状があらわれてきます。性器に水疱ができてかゆみや痛みが続き、一度感染してしまうと薬でも完全に死滅させることができずに潜伏し、症状がおさまっても免疫力が低下した時などに再発することがあります。再発を抑える薬などを用いることも可能なため、医師と相談して治療方針を決めましょう。

AIDSは感染してから症状が出るまで長く、3か月から1年程度ありますが、発症してしまうととても危険な病気です。免疫不全になるため、あらゆる病気を患いやすくなってしまいます。発症しないように薬にて抑えることが大切になるので、リンパの腫れがあり、倦怠感が1か月以上続く、発熱や下痢などもあるときには、早期に病院や保健所で検査を受けるようにします。

性病は主に血液検査で判断することが可能で、早期に治療を開始するほど悪化させずに済ませることができます。他の人にうつす可能性がありますし、性交渉していなくても接触度が高い家族などに知らずにうつしてしまう危険もあるので、違和感があれば医療機関に行くことが肝心です。